FC2ブログ

    To enjoy life (旧補聴器ブログ)

    これまで学んだ補聴器の知識と、これから学び遊ぶ色々を発信する場として。更新頻度は低いですが、基本誰かのためになるブログにしていきます。

    0

    マクラーレン・ホンダ MP4-31発表!

    やっと本日発表されましたね!マクラーレン・ホンダ MP4-31昨年は誰もが予想していたとはいえ残念な結果でしたが、今年こそは日本の、ホンダの力を見せてほしいと思います。カラーリングの影響もあるのか機能美溢れるデザインです。サイズゼロ・コンセプトは踏襲されさらに空力性能を向上させたボディを披露してくれましたが、やはり3月18日オーストラリアでまずはその結果を楽しみにせざるをえません。今年は鈴鹿サーキットに行き...
    0

    ホンダ新型ステップワゴンスパーダの魅力とは・・

    話題のワクワクゲートでしょうか?それとも1.5Lのターボエンジン?発売前はかなり酷評されていた新型ステップワゴンでしたが、とりあえず発売日当日に買いに行きました。ガラーンとした昼間の店内にはこの新型ステップワゴン購入者は自分以外に見当たらずちょっと寂しい感じでもあります。私はスポーツカー以外は全く興味がないので試乗もしませんでしたが、何よりも嫁が喜んでいるので購入を決断しました。今のオデッセイだと...
    0

    出会いと別れ

    車の話ですけどねでも、機械といえど情はうつるもので・・とうとうこの日が来たかと思うと悲しくなります。インテグラ→S2000→オデッセイ、とこの20年間で乗り継いできましたが一台一台全てに思いが詰まっていて、今回のオデッセイとの別れも感慨深いものがあります。年季が入って傷も目立ちますね・・これは嫁がつけたものですけど。このオデッセイは名古屋勤務時代に大阪の実家とをつないでくれた優秀なファミリーカーでした...
    0

    圧巻でした。F1開幕にむけてホンダ S660と歴代ホンダF1の展示。

    鈴鹿サーキットで行われたホンダF1復活祭に行ってきました!マクラーレンホンダMP4/4・MP4/6のサウンドを聞きに行く旅でしたが結構色々楽しませてもらいました。入口近くにはすぐにS660の展示があり・・まあ凄い人でした。確か2015年4月発売予定でしたよね?S2000に乗っていたこともあり「S」のつくマシンには興味があります。<サムネイルをクリックすると拡大表示されますよ>   展示では歴代のホンダ...
    0

    Honda F1パワーユニット最新映像に見る広告のあり方

    純粋にHONDAファンとしてこの再生ボタンを押したのが数週間前のこと。見れば見るほどに商品やブランド力を”伝える”技に惚れ惚れするばかりです。HONDAのPRをしたくて紹介するわけではありませんよ。たまたま、HONDAの作った動画に感銘を受けたことからピックアップしてみました。約3分という動画はPVにとっては長すぎる幅ですが、まずはそれを感じさせないこと。次に音楽・音響のタイミング、色の使い方、映像の切...
    0

    Honda Civic Type R Concept Film

    2015年夏にむけて予告が熱い。先回に引き続きまたアップされてきました。もはや車のCMとは思えないカットもTypeRならすんなり受け入れてしまう。魅力満載のCMです。さあ、私も逆輸入を信じて準備を始めないと・・・。...
    0

    蘇る記憶、幻のRA109。涙溢れる音の力。

    音楽のもつ力は凄いと思います。今でこそ影を潜めていますが当時ホンダミュージックといわれる音がありました。小排気量ながら高回転まで回るホンダエンジンの音色を捩って使われ、F1中継でもよく耳にする言葉です。とはいえF1もレギュレーションがどんどん変更され、数年前より耐久性や回転数制限がかけられるようになり開発の凍結へ。マシン音の違いはトルクの波ぐらいでしか見分けがつかないほどになっています。様々なレギ...
    0

    心の中の名車 HONDA S2000

    結婚するまでS2000という車に乗っていたのですが、最近思い出すことが多いんですよ。「ああ・・・手放すんじゃなかった」と思いながらもあの素晴らしい基本性能を振り返っています。たぶん、S2000と聞いても知らない人の方が多いですよね。その当時の写真です。HONDAがだしたオープン2シーターの車です。エンジンは自然吸気の2000ccながら250馬力を搾り出すF20C。9000回転まで一気に吹け上がるこ...
    My profile

    Author : ヒロ

    これまで様々な補聴器店で勤務しましたが、今はWEB関連の仕事についています。
    過去記事はそのまま皆さんのお役に立てるはずで残しておりますので、是非補聴器選びにお使い頂ければと思っています。

    ブロとも申請フォーム

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文: