FC2ブログ

「果たして言葉は万能なのか?」 田中圭主演 『Tribes』

 『Tribes』

公演期間:2014年01月13日(月)~2014年01月26日(日)
場所  :劇場新国立劇場 小劇場( THE PIT) 東京都渋谷区
チケット:前売り開始日 2013年11月09日(土)~

ニーナ・レイン作
 演出 熊林弘高
 出演 田中圭 中嶋朋子 中泉英雄 大谷亮介 中村美貴 鷲尾真知子




コミュニケーションにおいて重要な「言葉」。しかし本当に「言葉」は真実を伝えることができているのだろうか?

耳の不自由な末子ビリーは、初めてできた魅力的な彼女シルビアを家族に紹介するが、その彼女も実は耳が不自由だった。これをきっかけに家族間に不協和音のさざ波がたちはじめる。

現代の家族像を「言葉」という現象をひとつのカギにして、親しかったはずの人たちのコミュニケーションの危うさが、繊細なセリフと表現(手話)で描き出されていく刺激的な一作です。

きっと、感情は言葉で縛らなくていいと思う。
もう音楽が聴こえない・・・・音がしているのはわかるけれど、どんな音楽かは理解できない。うねっているように感じるだけ。
笑い声も、叫び声も、泣き声も・・・みんな同じように聞こえる。ただ 音のうねりとして。
(『トライブス』シルビアのセリフより)





以上、 『Tribes』のご紹介でした。
劇中に登場する補聴器にも注目です。


手話通訳や託児サービスのご案内など詳細はコチラから
 ⇒http://setagaya-pt.jp/

関連記事

タグ:リオネット補聴器

0 Comments

Leave a comment

Latest