FC2ブログ

通販は安さ、専門店は聞こえ|補聴器選び方ガイド

人によって、業種によって、「良い店」の基準は異なりますよね。

  ・販売や流通を中心に行う店は 「安さ」が基準。

  ・専門技術を要する店は 「知識や技術力、提案力」が基準。


補聴器専門店は後者に属します。
専門店が有する 「知識や技術力」さらには 「設備」が、
お客様側から見たときに置き換わるもの。



それが 「聞こえ」 です。

リオネットセンター栄聴力測定補聴器1



全く同じ機種の補聴器であっても、店が変わるとその「聞こえ」もガラッと変わるところに専門店の価値が存在します。もちろん、このようなことはどの業種でも同じと思いますが、補聴器は身体の一部となる機器だけに、我々は「知識や技術力、提案力」を持ってより慎重に取り組まなければなりません。
補聴器はどこで買っても同じ・・・ではないのです。

  理由はこちらを参照ください。
  ⇒補聴器選びはお店選び



通販でもなく、補聴器を片手間に扱っている店でもなく、お客様が専門店を選ばれる理由は 「聞こえ」ですよね?

その「聞こえ」を獲得するために重要なことは、これまでいくつかの記事で紹介してきました。

が、その根底にあるべきものは「正しい情報提供」(=信頼・安心)だと私は考えています。

その「正しい情報提供」のために必要な専門設備や、カウンセリング、聴力測定、補聴器装用効果の数値化・可視化などが存在します。つまり情報のオープン化と共有です。

リオネットセンター栄聴力測定補聴器2


語音明瞭度測定などもその延長線上に存在し、お客様がこれらの情報を得ることで自身の聞こえに対する理解が深まり「専門家に相談してよかった」の声が出てくるのです。

純音聴力測定も語音明瞭度測定も 「測る」 のみなら機械があればできます。
重要なことは補聴器フィッティング(聞こえ調整)の土台となるこれらの測定をいかに 「正確に測る」 か、測定結果から補聴器にどのように 「活かす」 のかがポイントとなるのです。

聞こえの更なる獲得のために補聴器専門店が存在し、その図式を証明するためには「正しい情報提供」が行われ、お客様と二人三脚で情報を共有し最良の聞こえを目指せる環境が必要と考えます。

次にアフターフォロー。

  ・定期的な点検・掃除
  ・故障などが起こった時の対応 (すぐに代替機があるか、その場で修理できるか)
  ・転校や転勤など引越し先でのフォロー体制 (引っ越し先に系列の店があるか)
  ・加齢や病気により外出できなくなった場合の対応 (ご自宅訪問ができるか)   など。

リオネットセンター栄聴力測定補聴器3



同じ専門店同士でも会社が変わればその「フォロー(サービス)」や「聞こえ」に差は生じますが、「基準」となる部分はおそらく変わらないはずです。

      例→ リオネットセンター栄店のシステム


【聞こえ】 と 【フォロー】 を考えたとき、 通販<兼業店<専門店 が成り立ちます。

しかし兼業店の中にも専門店に近いレベルをもった店舗もあればその逆もまた存在しますし、専門店同士であっても大小差がでることがあります。



より良い聞こえのために(店を見極めるために)は、やはり装用者自身が最低限の知識をもって店選びを行う必要性も出てくるでしょう。

中でも語音明瞭度について、補聴器の効果の見方、店の選び方などの記事は目を通して頂いて損はないはずです。



同時に我々も栄店ブログで年始に記載した【聞こえ獲得にむけ、真剣に取り組まれる方のための店であるために】の記事内容を守り抜かねばなりません。
専門店ならではの指針を定め、そこから個々のお客様に向けた取り組みがどこまでできるのか。またお客様より頂く情報が店の進化に繋がり、次なる聞こえでお困りの方の満足度向上に繋がります。

リオネットセンター栄店だけにかかわらず、東海リオンの店舗を訪れて頂いた時には是非お客様からのご意見もください。

専門店にとってお客様の声こそが宝です。そして私たちリオネットセンター栄店はサービスや聞こえの進化に留まらず、その頂いたお声をメーカーにフィードバックすることで次なる補聴器の開発にむけた基盤を作っています。

【東海リオンは全ての行動を通して 人へ 社会へ 地域へ 貢献します。】

今後ともよろしくお願いいたします。


リンク:

 ・補聴器のメーカー保証と専門店のアフターフォロー制度

 ・東海リオン株式会社

 ・補聴器選びに欠かせない語音明瞭度測定(語音弁別測定)


関連記事

タグ:補聴器 集音器 通販 リオネットセンター新宿 リオネットセンター栄

0 Comments

Leave a comment

Latest