FC2ブログ

子供たちに音の世界を日本式驚きの医療機器|ガイアの夜明け リオンの補聴器

今日、ご覧になられましたか?
ガイアの夜明け 「世界を駆ける!ニッポンの”医療技術”」

生まれながらに耳の聴こえない「先天性難聴」は1000人に1人の割合といわれており、世界28か国の患者たちに音の世界を提供している日本の補聴器メーカーを特集するという内容でした。

ガイアの夜明けリオン補聴器e



映像では創業70周年のリオン株式会社がクローズアップされ、今回新たにベトナムに注目。ベトナム戦争で使われた枯れ葉剤の影響で先天性の難聴の子供たちが多く、中でも重度の難聴に対してパワーがあるリオン製補聴器を適応することによって子供たちの顔に笑顔が戻るのか。

ガイアの夜明けリオン補聴器b



子供たちの表情に見え隠れする音のある世界の輝き、そこから生まれる未来への希望を今回の放送では届けてくれました。

ガイアの夜明けリオン補聴器d


リアルタイムで見ていましたが、ガイアの夜明けの尺の半分を占めており・・
一リオンFANとしては嬉しい限りです。

日本だけではなく世界の聞こえも元気に活躍する日本の補聴器メーカー。

今回はお子さんが対象の放映でしたが、番組冒頭には年配の方にも適応した補聴器が紹介されています。なんとリオン株式会社の部長さんもつけていると紹介がありました。笑顔がステキな部長さんです。

私も何度か行ったことのある本社の映像ですね。
ガイアの夜明けリオン補聴器c

これは”見えない補聴器の紹介”でしたが、以前当ブログでも特集しました超小型補聴器スーパーミニカナール「極」となります。



テレビをご覧になられた方は部長さんの

「私も実は補聴器つけているんですよ」

の一言に驚かれたことでしょう!



これは・・・気付きませんでした。

というか、皆さん一斉に「どこにつけているんだ?!」と疑問を持たれたことでしょう。



断言できます。

番組を見ていた人全員が石原部長の登場からずっと気付かなかったはずです。

ひょっとすると耳をクローズアップにしても気付かなかった方もいるのでは?!



このように補聴器には難聴度合いや使用目的に応じた様々な種類が存在し、中でも医療機器としての補聴器を開発・販売を行うメーカーだからこそ可能となる技術が存在するということを認識できました。

見落とした方は次回BSジャパンにて3月5日(木)21:00~再放送がされるとのことですのでお見逃しなくご覧ください。



番組内で登場した補聴器紹介:

 ・ハイパワー補聴器 HB-G7PC

 ・軽度から重度の難聴に対応する防水補聴器”スプラッシュ”

 ・目立たない補聴器 「極」


その他リンク:

 ・リオン株式会社

 ・お客様アンケート第一位の補聴器機能を搭載したマジェスシリーズ

関連記事

タグ:リオネット補聴器 補聴器 感音難聴

0 Comments

Leave a comment

Latest