FC2ブログ

集音器とは異なる聞こえ!リオネットが放つ低価格デジタル補聴器!

先に言っておくと、集音器が悪いということではありません。私も市場にある全ての集音器の聞こえを試したわけではありませんので。(それでも時々お客様が「何とかして」と集音器を持ってこられるので、かなりの機種の音は聞きましたが・・)

でもね、「何とかして」と持ってこられても何ともできないのが集音器なのです。

いくら専門員に聞こえを向上させる知識や技能があっても、集音器側にそれを可能とする機能が備わっていなければどうすることもできないことはご理解いただけると思います。



逆に集音器の音が良いという方がいらっしゃるのも事実です。
私の過去補聴器相談件数は数千にのぼりますが1人だけ補聴器と併用して使い続けていらっしゃったのを覚えています。確かオムロンのイヤメイト・・という集音器でした。専用の測定器にかけ出力音を調べても良い基本周波数特性を持っており、たまたまとはいえ、そのお客様の聴力に合う音を出していました。
でもそのお1人以外は補聴器を買いなおしに来店される方がほとんどというのが現状でしたね。


難聴別に分けると、伝音性難聴や混合性難聴の方は合う方もいらっしゃると思います。
感音難聴(加齢性難聴含む)の方は合わないか、もし使われていたとしてもダイナミックレンジが狭い傾向が強いことから、どこか我慢を強いられているという結果になっているはずです。

やはり、専門員が付き添って聞こえの目標を共有し、お客様に合った基本周波数を作りだす補聴器の聞こえは集音器とは異なります。(もちろんしっかりとした補聴器専門員(店)がそこには必要ですが)
 
   参考:一目瞭然! 補聴器と集音器の違い

以前にも書きましたが本当に集音器が聞こえでお困りの人全員に役に立つならば、私は補聴器専門店で働かず集音器屋さんを開いてますし、それこそ人件費もかからず物を流すだけのネット直販をしています。


とはいえ、集音器と違い補聴器の価格は決して安くはなく妥協せざるを得ないのも現実としてあります。国内補聴器のトップメーカーとしてそこを見てみぬふりはできませんよね?

今春、リオネット補聴器から60,000円の価格設定で登場しました。
ポケット型デジタル補聴器HD-31
集音器とは異なる聞こえ!リオネット補聴器が放つ低<strong>価格</strong><strong>補聴器</strong>

補聴器本体にマイクがあることで、会議の際など机の上に出し音声の獲得に貢献。またスイッチ一つで耳に入れるイヤホン側のマイクに切り替えることで、電話着信時においても瞬時に受話器を耳に当て会話することを可能とします。

電池交換の際にプラスマイナスを気にせずセットできる「おまかせ回路」もリオネット独自の機能です。
接客をしていてお客様の笑顔が一番こぼれるのが、「雑音抑制機能」とこの「おまかせ回路」に触れた瞬間ですね。やっぱり「楽」ですよ・・。


さらに、
 ・耐汗コーティング:汗や湿気から補聴器を守る
 ・外部入力端子:テレビ等からコードを引っ張り挿すだけでクリアな音が楽しめる
 ・携帯電話ノイズ対策:通話の妨げになるノイズを抑える
 ・ハウリング抑制機能:「ピー」という雑音を素早く検知・抑制する
 ・お知らせ音:電池が消耗してくるとお知らせ音が知らせてくれる
 ・電池寿命:単四電池で約750時間の高寿命

↓↓機能を動画で見る場合はこちらをクリックください(字幕あり)↓↓
http://blog-imgs-63.fc2.com/j/a/p/japanrionet/20140910000215416.jpg" alt="リオネット補聴器独自の電池無極性機能おまかせ回路" border="0" width="225" height="100" />">リオネット補聴器独自の電池無極性機能おまかせ回路 http://blog-imgs-63.fc2.com/j/a/p/japanrionet/20140910000216477.jpg" alt="リオネット補聴器独自の耐汗コーティング" border="0" width="225" height="100" />">リオネット補聴器独自の耐汗コーティング





補聴器単体でもこれだけの性能を有し、かつ専門員が聴力に応じた音を作り、販売後もアフターメンテナンスに通えることを考えると決して60,000円という価格は高くありませんよね。
そこにはリオネットというブランド名も寄与しているはずです。


息子さんやお孫さんが、敬老の日に集音器通販で購入してプレゼントするといった話を耳にしますが少し立ち止まって考えてください。
ちょっとしたことでも「店に通い、スタッフと話す」喜びって大きいですよ。
プレゼントを一瞬で終わらせるのではなく、長く続く喜びとして送ってあげるのも良いかなと思います。

まずは耳鼻咽喉科さんで診察を受け、
そしてお客様が選ばれた補聴器専門店がリオネットセンター新宿ですと私の喜びも一際高いものになります。←余談でした(^_^)

全国のリオネット補聴器取扱店、製品情報詳細
          → リオネット補聴器メーカー公式サイト

認定補聴器専門店リオネットセンター新宿
          → リオネットセンター新宿公式サイト


http://blog-imgs-63.fc2.com/j/a/p/japanrionet/201409092339322f0.png" alt="集音器とは異なる聞こえ!リオネット補聴器が放つ低価格デジタル補聴器" border="0" width="150" height="319" />">集音器とは異なる聞こえ!リオネット補聴器が放つ低価格デジタル補聴器
↑↑クリックいただくとカタログが開きます

     
※一つ上のグレードモデルとしてHD-32も掲載されていますが、これでしたら私はリオネットクラッセをお勧めします。(重度難聴除く)

関連記事

タグ:リオネット補聴器 補聴器 リオネットセンター新宿 感音難聴 集音器 補聴器選び

0 Comments

Leave a comment

Latest