FC2ブログ

category: リオネット補聴器の特徴  1/3

2030年の補聴器は|暮らしの中の補聴器

以前にも当ブログで取り上げましたリオネット補聴器コンセプトモデル。          もう二年近く前の記事からですが、懐かしいですね。実はこのコンセプト補聴器展示と同時に行われた講演会にて「2030年暮らしの中の補聴器」というものが取り上げられていました。その時の未来図がリオネット補聴器公式ホームページにアップされているのをご存知でしたか?”真に役立つ補聴器”を目標に、リオネットでは「難聴者が暮らし...

  •  -
  •  0

満足度の高い聞こえ(補聴器)があなたの耳に|世界初リオネットのクラウドフィッティング

補聴器は、同じ機種でも音を調整する技能者の力により提供する聞こえに差が出る医療機器です。どれだけ正確に聴力を測定できるか、その測定結果に補聴器からの音を細かく周波数単位で調整を行うことから医療機器である補聴器には専門店が欠かせません。ですので専門店と専門店以外では同じ補聴器でも聞こえが異なる現象が生まれ、同じ専門店でも担当者のスキルによってまたその差は生まれていました。 同じお金を払っているのに...

  •  -
  •  0

ポケット型デジタル補聴器HD-70|こだわりの国内生産

今回は「年齢別の聴力低下について」を特集する予定でしたが、リオネット補聴器から新製品情報が舞い込んできましたので間に一記事挟ませて頂きます。ポケット型アナログ補聴器のHA-70が生産を終えてからしばらく経ちました。今までのユーザーさんしかり、市場からもHA-70復活を望む声が聞こえ始めていた矢先に飛び込んできたニュースです。この前モデルHA-70は超ロングセラー補聴器でしたので、その聞こえや操作性...

  •  0
  •  0

補聴器用ナノコーティングを施したティッシュ VS 最悪の水「人工汗」 は驚きの結果に!

矛と盾ではありませんが、水をグングン吸収するティッシュと、抜群の撥水力を誇るナノコーティングを戦わせました。しかもナノコーティングを施したティッシュはなんと3年前のもの。簡単に整理しますと・・・3年前にリオネットのナノコーティング処理を施したティッシュ(その間何百回も撥水テストを行ったもの)VS水(といっても特殊な溶剤を配合した水よりやっかいな人工汗)答えはこちらです。目の前の皆様も一瞬「おお~!」...

  •  0
  •  0

「言葉がハッキリ聞こえない」に対する有効な補聴技術"SSS Speech+" 開発者インタビュー

今回はリオネット補聴器のオリジナルテクノロジーのご紹介です。加齢性難聴もそうですが感音難聴になると下記の症状が確認されるようになります。感音難聴の主な要因 ・最小課長閾値の上昇 (音が聞こえにくくなる) ・補充現象       (大きい音がよりうるさく感じる) ・周波数選択性の低下 (雑音下で言葉がハッキリ聞こえない) ・時間分解能の低下   (早口が理解しにくくなる)感音難聴の方は何かしらこれら症...

  •  0
  •  0

新製品情報|日本語会話を向上させる補聴器 RIONETPRECIAⅡ

リオネット補聴器は、日本の騒音環境に適した雑音抑制システムや、補聴器の小型化、高齢化社会に備えた使いやすさを向上させるユニバーサルデザインなど、日本メーカーならではの技術で様々なニーズを形にしてきました。 世界で初めてフルデジタル補聴器を開発したのも難聴の方が様々な環境に適応できるように取り組んできた成果です。しかし、感音難聴でお悩みの方の聞こえには解決しなければならない課題が未だ存在しているのも...

  •  0
  •  0

Rionet Concept Design 「近未来の補聴器」|ジャパン補聴器フォーラムから

【画像は全てクリックすると拡大表示します】行ってきました!JAPAN補聴器フォーラム!といっても、お客さんとしてではなくリオネット補聴器ブースのPRスタッフとしてですが。初日・二日目ともに700名弱の動員数とのことでした。ブースでもひたすら新製品のご案内や日本各地にあるリオネット補聴器取扱店のPRに明け暮れ、ようやく来場者も少なくなり落ち着いた頃に撮影しました。  リオネット補聴器のブースでは、ほと...

  •  0
  •  0

NHKプロフェッショナル仕事の流儀から

ファンドマネージャー新井和宏さんが登場した今回のNHKプロフェッショナル仕事の流儀。今回投資先を検討するにあたり補聴器会社を訪れ、会社の信念や若手社員の声などを確認する内容も公開されていました。放送後、当ブログのアクセス数が急にボンと上がっていましたので何かなと思ったら、その検索ワードが「NHKプロフェショナル 補聴器メーカー」「リオン株式会社 国内シェア」「テレビ放送 補聴器」「補聴器 スプラッシュ...

  •  0
  •  0

リオネット補聴器がグッドデザイン2014を受賞した理由とは

審査員の評価:●重度の難聴ユーザー対応の防水機構が丁寧に設計されている。●樹脂素材から見直し、防水と通気性という相容れない条件を自然な使用に堪えるコンパクトなサイズで具現化している点を評価した。●ユーザーのニーズを捉えて技術開発やデザインをすることが、ユーザーと社会を繋ぐことになる好例だ。リオネット防水補聴器特設サイトはこちらGOOD DESIGN AWARD受賞対象名 : 補聴器HB-W1シリーズ下記概要...

  •  0
  •  0

目立たないリオネット史上最小の補聴器スーパーミニカナール極

リオネットのオーダーメイド補聴器スーパーミニカナール極の特徴は前回特集しました。(「スーパーミニカナール極」は形状に対する名称です)今回はリオネットプレシアシリーズ(リオネット補聴器の中価格帯モデル)にこのスーパーミニカナール極がラインナップに加わりましたのでご紹介しましょう。リオネットプレシアシリーズは128,000円~218,000円の価格帯に展開する補聴器でリオネットマジェスに次ぐモデルとなります。雑音抑...

  •  2
  •  0